FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1回森の蘇り・大阪勉強会

第1回森の蘇り・大阪勉強会
~森づくり、街から森を想う そして森へ~
日時 5月31日(日)  13時~17時

私たちは富士山の森で、子供も一緒にできる楽しい森づくりをしています。それが“きらめ樹体験(かわむき間伐)です。きれいな水と豊かな土を子供たちに受け渡したいから、この活動を多くの方に呼びかけています。
19幼女小

さまざまなグループと協力しあい、富士山をぐるりと取り巻く人工林地帯をシイ・カシ類やコナラ・ミズナラ・ブナ・カエデの仲間など、紅葉で色づく混交林に蘇らせる活動・間伐材利用の推進・環境教育を実践し、緑の雇用の実現に向けて行動しています。さらに都会と森をつなげるために、東京勉強会を過去3回開催し、森の現状を伝え、生活のなかに国産材を使う心地よさを広めてきました。きらめ樹体験は、今まで参加した方々(子どもから年輩者まで)から「楽しい!またきたい。」と感想を頂いています。
私たちが日本の木を使うことで、間伐がすすみ森は生き返り、世界の森も救えるのです。
大都市である大阪で、まずは事実を知り、木に触れ、自分の手で森を蘇らせる体験を創造してみませんか?・・・
「知る」「感じる」「学ぶ」「行動する」仲間の輪を大阪から!

会場:    モモの家
HP:http://momo-family.org/
(大阪府吹田市泉町5-1-18)
参加費:   1500円(森の蘇り資料持参の場合1000円)
プログラム:
13:00~        受付
13:30~ 
1、今の日本の森の現状を知り、そして富士山を豊かな自然あふれる錦の回廊に
2、DVDを見ながら、森づくりきらめ樹体験(皮むき間伐)の方法を学ぶ
休憩
3、カットした生木でプチきらめ樹体験
4、森と町を繋ぐ話。手で触る。鼻で嗅ぐ。見る。きらめ樹材で作った板と合板の板の違いを知る。
休憩
16:00~  ♪参加者と一緒に森の話し・ディスカッション 
17:00          終了 
オープン小

講師 大西義治 山の木を部屋に、山地産直を実施。森の蘇りトータルプランナーでもある。  
お問い合わせ申込先
担当:吉川 090-9213-8401       
iyasaka-len-369@ezweb.ne.jp
詳細はNPO法人森の蘇り 
HP  http://mori-no-yomigaeri.org/ 
                   info@mori-no-yomigaeri.org      
主催 NPO法人森の蘇り
スポンサーサイト

<< 5月30日 奈良できらめ樹体験会。 | ホーム | 緑の雇用 創出チャレンジ第一弾 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。