FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間伐材から生まれる笑顔

間伐材から生まれる笑顔
森から作る暮らしの品々
~ヒノキ間伐材での木工体験会レポート
2009・1月25日(日)


青空に、富士山の白さがまぶしい日でした。
木工体験会には、合わせて大人2人・子供4人が集まって下さいました。
まずはどこからヒノキ間伐材がくるのか・・・・ヒノキの森を見に行きました。
暗い森と明るい森を歩きました。
そしてその森から来たヒノキの木工品を自分で作ります。
今日作るのは時計と時計とお風呂の蓋です。
041_convert_20090128070014.jpg

木を削っているとヒノキの香りが漂います。磨かれて艶の出た板で蓋を作ります。
取手のついた立派な風呂蓋ができました。削った木端もお風呂に浮かべてくれるそうです。お風呂じゅうヒノキの香りになりますね。

044_convert_20090129063706.jpg

時計の一つは、森の切り株を輪切りにした木から作りました。
年輪と手書きの文字盤がマッチしていて、とってもかわいい森の時計の出来上がりです。
もう一つの時計は、横縞の模様を生かしてみました。四角がきりりと素敵な時計になりました。
それぞれに、苦労したところがあったことでしょう。
こうしてヒノキの間伐材は、森からみなさんの暮らしの中へと旅をして落ち着く場所を見つけたのです。
043_convert_20090128070220.jpg
045_convert_20090128070447.jpg
046_convert_20090129063905.jpg

ご参加ありがとうございました。

スポンサーサイト

<< 第3回森の蘇り・東京勉強会 | ホーム | 富士山・錦の回廊づくり >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。