FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

活かそう!森の木 体感勉強会 12月20(土) 21(日)

活かそう!森の木 体感勉強会
12月20(土) 21(日)
主催 NPO法人 森の蘇り

間伐材をみんなで
切って、積んで壁作り。


???????????????_convert_20081122191621
壁づみ女の子
?°?????°??±?_convert_20081122191103

間伐の手が入らず、ひょろひょろの木が立ち並ぶ日本の人工林。
でも、これらの木は細い丸太を積み上げて壁にするコードウッドハウスにぴったりの素材でもあるのです。森の木を切る、森から木を出す、 部材を作る、壁をつくるという 一連の流れを全てご紹介します。この体験を通して間伐材利用考える機会となり、また、壁作りの楽しさを感じて頂きたいと思います。家づくりが、どこまで自分で出来るも考えてみるのも良いし、「あ、これなら、全部自分も関われるかも…」と思う人もいっぱいいると思います。
※)手間はかかりますが、みんなで、家族で手作りハウスに挑戦したいという方におすすめです。


初日
12月20日(土) 午前10時30分~午後3時
集合 午前10時  富士宮市立山宮小学校駐車場(富士宮市山宮1560-1)
集合場所から間伐林に移動し、皮むき間伐した木での壁材料づくり。ノコギリで木を倒し、運び出しと壁積み材料作りを体感します。

紅葉
初日の舞台は富士宮市北山「憩いの森」。今年、夏前に皮むき間伐した桧があたかも紅葉のように色づいています。今回、切り倒すのは去年皮むき間伐した木。葉っぱもすっかり落ちて、しっかりと天然乾燥された状態になっています。だから、子どもでも女性でもかつげるほど軽くなっていますし、また材料としても使いやすいのです。

?????????????????????_convert_20081122191733

切り倒し風景
のこぎりで受け口と追い口を作っていきます。
最後の木を倒すところは、大人の出番。
ここは安全に充分注意してやりましょう。

015_convert_20081125085457.jpg

倒した木を丸太にカット。

017_convert_20081125085551.jpg

森の木を街で使っていくためには、
木を運び出せるかどうかがポイント。
皮むき間伐した木は軽いのです。
写真は小学生3年生の男の子の担ぎ出し風景。

2日目
12月21日(日) 午前10時~午後2時30分
集合  午前9時45分  ジャンボエンチョー万野店駐車場 (富士宮市万野原新田3736-1)
集合場所近くの新築工事中のお宅の外構部をワークショップの場として空間工房ロハス様、施主様に設定いただいきました。そこで、壁積み体験をします。

ハートランド壁
写真は、以前に制作したもの。
今回、体験の場としてご提供いただいたのも、こんな感じの目隠し壁になるスペースです。

■コードウッドハウスとは
要間伐林の細丸太は、セルフビルドハウスの材料としてぴったり。切った丸太を積み重ねて、断熱性の高い30cm厚の壁を作り上げていくコードウッドハウス。手間はかかりますが、天然素材だけで快適な家が作れます。長さ2m、直径10cm以下の丸太10本で1平米の壁が作ります。今までは行く先のなかった細い間伐材を大量に用います。その壁に使われた木は何十年も二酸化炭素を放出することなく、ストックしてくれます。空気をきれいにし、森をきれいにする家です。

壁づみ女の子

壁積み風景。
短く切った丸太を積み上げていきます。
丸太の両端にはつなぎを入れ、その内側には
断熱材としておがくず(天然素材の中では、高性能)を
つめこんでいきます。
つなぎ材料には、砂、石灰、おがくずを使います。
壁積み、つなぎの調合、断熱材のつめこみを
ローテーションでやっていきましょう。
石灰はしっくいの主原料で、建築材料としてなじみ深いものですが、
アルカリ性なので直接触れるとお肌が荒れます。
ですのでビニール手袋は必須品としてご持参ください。
また、お肌が敏感な方は、スキンケア用品やお酢(原始的ですが
アルカリを中和します)などもご用意ください。

?°?????°??±?_convert_20081122191103

富士宮市内にあるコードウッドハウスの実物。
この小屋も、地元倶楽部の共有施設として
住民のみなさんが壁積みをして作りました。
壁積みは手間がかかるので、複数の人で作るのがおすすめ。
今回の体感会をきっかけに、ゆくゆくはお互いに手伝いをしあう
壁積みネットワークを作っていけたらいいですね。

持ち物 
両日お弁当・飲み物(昼食)、作業できる服・靴、雨具ビニール手袋(壁積みで必須です)、軍手(山仕事用)、保険証。
参加費 オール体験 大人4000円 子ども1000円
    1日体験  大人2000円 子ども500円
*ご家族でご参加には、割引があります。
 親子三人でオール体験例 大人4000円+大人(割引)2000円+子ども1000円=7000円
 親子三人で一日体験例    大人2000円+大人(割引)1000円+子ども500円=3500円
上記のように大人のうち、ペアの方を一日あたり1000円引きとさせていただきます。

申し込み  
保険手続き上、氏名年齢住所を14日までにお知らせ下さい。なお、それ以降の申し込みは簡単な保険の補償のみになる事をご承諾くお願い致します。
お問い合わせ・お申し込み 
若林昭子   携帯090-8566-9625
Eメール   fujisansiroiookami@yahoo.co.jp 


スポンサーサイト

<< 活かそう!森の木 体感勉強会~報告書 | ホーム | 森林に入ろう!~11月15・16日富士山☆森の蘇りのご報告 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。