FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NPO法人 森の蘇り    設立の趣旨と経緯

特定非営利活動法人 森の蘇り 設立趣旨書

1 趣 旨

 今、日本の森では木々が息苦しいまでにひしめき合っています。森には光も差し込まないため、草も生えず、生き物の餌もありません。木も太くなれず、ひょろひょろの木が並んでいます。
そして、こうした木は使われずに放って置かれ、海外の原生林を破壊しながら大量の木材が輸入されています。現在日本の木材の自給率はわずか2割。これが森林率67%という世界有数の森林国日本の現状です。こうした森に光を入れ、森を生き物の住む森として蘇らせること、木材として木が太っていけるようにすること、このために間伐を進めていきます。また子供達も女性も楽しく間伐作業ができる皮むき間伐を用いて環境教育へと展開できるように活動をしていきます。

??????_convert_20081107100017

また人工林だけでなく、自然の森の見方や感じ方を知り自然のいとなみを理解する活動もあわせて展開していきます。
現在の日本の人工林に必要なのは林床の植生回復や生物多様性の回復だけではありません。木材が使われることで循環していくことも必要です。皮むき間伐によって生じた天然乾燥間伐材の利用の創出とその拡大、国産材の消費拡大につながるような意識改革も私達NPO法人の役割だと考えています。

????????¨?£?_convert_20081120144344

????????¬??????_convert_20081120142725
???????????????????????????????????¨??????_convert_20081120143009



多くの人々が世界の自然の行く末を憂い、行動したいという思いに駆られています。しかし具体的に何から始めてよいか迷っている人も多いのです。「特定非営利活動法人森の蘇り」はこうした人たちと繋がり日本の各地で森の蘇りの活動のサポーターとなっていける事を目標としていきます。また私達「森の蘇り」は思いをもった人と人の出会いを結び、互いに得意を活かしあうことで活動の輪を広げていく場、となることを願っています。
そして森の蘇りにとどまらず、森が蘇ることで、人が自然を思いやり感謝し自然に抱かれて初めていきいきと幸せに生きていけることに気づくこと・自然と人間が本当の意味でともに生きていく社会へと向かっていくための活動を目指していきます。

活動内容から、間伐の必要な森が活動場となることも多いため、それぞれの地域で山主さん・各種団体・行政・個人と信頼関係に基づいた連携を築いていかなくてはなりません。このため特定非営利活動法人という法人格を取得することが必要だと考えました。

以上が特定非営利活動法人森の蘇りを設立するに至った趣旨です。

2 申請に至るまでの経過

平成14年 森水人のネットワーク設立 
      NPO法人森の蘇りの設立メンバーでもある大西義治は、森の蘇り自宅のリフォームをきっかけに、国産材利用が困難なのを知る。調査の傍ら、間伐・製材・リフォームなどの総合プロデュースを始める。

平成16年 いち早く巻き枯らし間伐に注目し推奨者である福井県の鋸谷氏を招き、実技講習会を開催。間伐材利用のコードウッドハウス第1号を富士河口湖町に建設。
平成17年 富士山再生の為に必要な、間伐材利用に困難を感じていた若林あきこは、富士宮市内のコードウッドハウス第2号で大西と出会い、以後活動に加わる。

?°?????°??±?_convert_20081107120043


平成18年 皮むき間伐体験を呼びかけ、チェーンソー講習会などを開催。民有人工林に皮むき間伐による「いこいの森」を作り、要間伐林の蘇っていく経過を体験できるイベントを主催する。
平成19年 富士宮市のボーイスカウトによる皮むき間伐イベントを開催。以降継続して連携。
環境教育の側面から難波清芽が協力を要請。「子どもの森プロジェクト」に着手。NPO法人富士山ネイチャークラブとの協力関係がはじまる。

???????????????_convert_20081107101104


平成20年4月 イベント皮むき間伐オープニングフェスタ開催 
間伐の大切さを改めて認識し、皮むき間伐の研修会を行う。また間伐材利用の提案としてフラードーム作り体験を行う。日本各地からの自然への危機感や「何か活動したいがどうしていいか分からない。」という強い声が、次へのイベントの序章となった。

???????????????_convert_20081107121438


平成20年6月 イベント森の蘇り交流会開催 
アマゾン先住民のクララさんと奈良県天川村林業家の井頭さんを招き、世界の森と日本の森のつながりを考えた。間伐に始まる日本の森の循環と再生が、伐採され続ける世界の森を救うことを改めて知り、行動を起こすきっかけを提案した。間伐による森の蘇りを形にしたものとして、フラードーム骨組みの完成形を展示した。
平成20年6月 発起人会開催(6月21日東京都大島町にて)
平成20年7月 設立総会開催(7月17日奈良県天川村にて)


平成20年 7月 17日

特定非営利活動法人森の蘇り
設立代表者 大西 義治
スポンサーサイト

<< 森林に入ろう!~11月15・16日富士山☆森の蘇りのご報告 | ホーム | 会員申込について >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。