スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

You can!森づくり管理術実践

You can!森づくり管理術実践
3月28(土)  9:30~15:45

主催 NPO法人 森の蘇り

森を蘇らせる方法を
見て学んで、そして実践。


要間伐林

間伐の手が入らず、ひょろひょろの木が立ち並ぶ日本の人工林は、人の手入れを求めています。今までは、それは林業のプロにしか出来ない事とされてきました。でも、NPO法人森の蘇りで進めている皮むき間伐なら、誰もが森のケア・テイカー(手入れする人)になれるのです。皮むき間伐がされた森で、その効果を確かめてください。そこでは、その考え方もご説明します。森の中でお昼を食べたら、隣町・芝川の要間伐林で実習。まず「森の健康診断」をして、どういう木をどれくらい間伐すればいいのか、実際に計算しながら決定します。その時から、森の管理者としてのあなたが誕生するのです。

直径
4m.jpg

3月28日(土)午前9時30分~午後3時45分(雨天決行)
集合 午前9時30分  富士宮市立山宮小学校駐車場

   (富士宮市山宮1560-1)
プログラム
■午前10時~正午
誰もが出来る皮むき間伐で蘇った森を観察。その管理術(密度管理)の考え方とやり方を学びます。
■ 正午~午後1時30分 
昼食・移動
■ 午後1時30分~3時
今年間伐をする芝川町の人工林に移動し、午前中に学んだ密度管理の
手法を用いて間伐する木と大きく育てる木を選ぶ作業を行います。
■午後3時~3時15分    片付け
■午後3時15分~3時45分  振り返り意見交換、現地解散
持ち物 
お弁当、飲み物(昼食)、作業できる服・靴、雨具、軍手(山仕事用)、保険証。
参加費  
500円(保険・資料代)

お問い合わせ・お申し込み 若林昭子 携帯090-8566-9625
                 Eメール   fujisansiroiookami@yahoo.co.jp
スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。